FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/08/13 (Tue) 15:33
好きな時に好きな事をする

先週末は地元のメンバーで近くの海に遊びへ行った。

FaceBookページには水着持参と書かれていたのにも関わらず、

完全に見落としていてバーベキューを目的に参加した。

11時頃に母校前に集合して出発。

なんだかんだで1年ぶりぐらいに再会した人ばかり。12人ぐらい参加していた。

今年初の海。

青空が広がっていて、サンダルなしじゃとても砂浜が歩けないぐらい本当に暑かった。

BBQが始まって、乾杯ですべった後、

僕は深い眠りについた。

aoba umi


僕の役目といえば簡単な動画作成と野菜を少々焼いたぐらいだった。

うつ伏せになって寝ていたせいか時計の部分だけ白く、あとはきっちり日焼けしていた。

他のメンバーは海やBBQやお酒を満喫していて終始笑顔だったことに、

友人がFaceBookにアップした写真から知ることができた。

ブログ海


夜には参加できなかったけど、
夜は更にメンバーが参加してすごいことになっていたことに、
こちらも写真を通して知ることができた。
あえて写真はアップしませんが(笑)

今の時代って本当に便利やね。

aoba yoru


話しは戻って、何のために海に来たのやらと思ったけど、

冷えぴたシートとても気持ち良かったし、楽しかったのは間違いない。

参加して良かったー!!片づけはちゃんと手伝いました。

ふと中学生の時から何年経ってんだ?って思った。

気づけばもう10年近くは経っているらしい。

これから時間の経過って加速していくんだろううね。

今年結婚した人もする人もいるって話を聞いて、だんだん大人になっているんだんーって感じる。

学生の頃とは違って、

仕事とかいろいろあるし、

付き合いとかもある。

だけど会いたいときに会えて、

好きな時間に好きな事をしていたい。

以前は、未来のために「~をしなけらばならない」と縛られた言葉を良く使っていたけど、

そうじゃなくて、今楽しいことを一生懸命やり続ければ良いと思う。

優先順位がやっとこさ自分の中で見えてきた。

いつ死ぬかわからないんだから、

精一杯好きな仕事もするし、失敗もするし、走ったりもする。

それで誰かがその日に喜んでくれたらそれでOK!

他人からの評価を気にする必要はそんなにない。

忙しく日々過ぎる中で、すやすやと眠りながらふとそんなことを考えていた。

また気軽にふらっと集まれる関係でいれる人が少しでもいたらいいな。

目が覚めた。

aoba umi2
スポンサーサイト



<< 『人を動かす新たな3原則』 | ホーム | 詐欺から身を守れるために考えるべきこと >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム