FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/08/12 (Mon) 17:16
詐欺から身を守れるために考えるべきこと

高齢者を狙った犯罪は一向に減らないという話を聞いた。

昨年1年間の被害総額が153億円を超える振込詐欺。

今年1月から5月まで89億円に上り、被害件数は前年を大幅に上回っている。

被害者の約9割は60歳以上の高齢者。

なんと最近の手口は振込詐欺ではなく直接お金を持ってこさせる手口が半分であるそうだ。


また急増しているのが、「送り付け商法」

個人や職場宛に注文していない健康食品や書籍などが届き、支払を要求される。

通常は「受け取り拒否」にすべきケースである。

高齢者の被害者の9割が自分がこのような事態に巻き込まれるとは思ってもいなかと答える。

詐欺の内容を聞いてみると悪質だ。

葬儀の日を狙い、故人が生前に注文したものと思わせて商品を送り付ける卑劣なケースも増えている。

生活がどんなに苦しかったとしても、
人の不幸に更に追い打ちをかけるようなことを考えるのは人としてどうかと思う。

対策としては家族間でコミュニケーションを密にすることが必要なのだが、

家族に迷惑をかけたくないという気持ちから4割近くは家族への事情聴取を拒むという。

対策としては、こまめに連絡を取れるような関係を築くこと。

そして高齢社会により今後さらに増えていく高齢者を狙った詐欺は、

これからも形を変えて増加し続けるはずだ。

新たな詐欺の情報が入ったらすぐに、伝達していくことに取り組んでいきたいと思った。

詐欺




スポンサーサイト



<< 好きな時に好きな事をする | ホーム | 乗り切ろう熱中症! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム