FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/07/16 (Tue) 18:19
Monkey Cafe vol.015

皆さん、こんにちは!!!
昨日も朝7:00から8:20まで天神のOnRampで『Monkey Cafe』という朝勉強会を開催しましたよ。
本日は6人でスタートしていきました。そして今日は特別ゲストの金谷明克さんの講義がありました。

今回は祝日ですが、通常は休み空けで気持ちがなかなか上がらない月曜日の朝に
『ウキウキが止まらない!一週間の始まりを』
というスローガンで、みんなでこんな一週間にしていこうという内容になっています。

まずは自己紹介をしていき、その後先週の振り返りを各班でシェアしていきました。

そして今回は特別講義『継続編』というテーマで話して頂きました。
<講師紹介>
金谷明克(Akikatu Kanaya)
福岡大学出身。
大学を卒業してすぐ信用組合で7年間働き、夢売る仕事がしたいとハウステンボスに転職。
人事や営業、経営などの多くの経験を積む。
学校法人へ転職。人間関係で初めて仕事において挫折する。
お坊さんの幸せの順番を逆にする話を聞いて、考え方が変わる。
現在は三興タクシーで常務理事としてタクシーのサービス向上に努める。

皆さんはいま継続し何かに取り組んでいることはありますか?
金谷さんから聞いてなるほどーっと思ったのが、
今の起床時間を2時間早めて8年間続けると、その2時間が積み重なって1年分にもなるそうです。(睡眠時間は除く)
この2時間をどのように積み重ねるかによって、人生の充実度は大きく変わると思います。
継続した後に何があるか想像したら楽しみですね。
ちなみに私はその2時間を読書に充てたいと思っています。

MON.jpg


さて今回講演をいただいた金谷さんが継続していることを3つ伺いました。
1つは【当たり前の継続】です。
当たり前というとそれぞれ捉え方が違う訳ですが、
金谷さんの会社ではあたりまえの頭文字をとって、
等身大でやれること、
「あ・た・り・ま・え」
をスタッフが共有して継続しています。
(あいさつはいつもこちらから たの人への心配り りんき応変な対応 マナー厳守  えがおを添えて) 
これを継続することであたりまえのレベルも上がり、
みんながもっと幸せになれるそうですよ。
あたりまえを実践している人が増えると幸せな気持ちになりますね。

2つ目は【自分の気に入った言葉を筆ペンでノートに書き記す】こと。
この自分だけの言葉のノートを疲れた時に読み返すとその素敵な言葉を書いた時の気持ちを思い出せるそうです。


3つ目は【幸せの順番を逆にする】ことです。
これの習慣は学校法人で人間関係が上手くいかなかった時に、
お坊さんから言葉をもらって心がけていることなのだそうです。
それまではより多くの幸せを与えようとして、自分の幸せのラインを高く設定し、
いつまでも自分が満たされるように努力しているのはわかりますが、
実際、現状とのギャップがあって、それを埋められないことで苦しんでいたそうです。
その時に言われたのが、

『幸せの順番を変えてみたらどうですか?』

でした。

『それもそんなに難しいことではありません。
笑顔で「おはよう」と挨拶し、何か感謝の気持ちが生まれた時に「ありがとう」と伝えること。
相手が気持ちよくなってくれて、あなたと過ごせて楽しいとか良かったとか言ってくれる。
つまりは、他の人の幸せのおこぼれをもらって自分の幸せを感じることができたら良いんじゃないですか』

幸せを求めると達成したらまた欲がでて、いつまでも終わりがありません。

だけど先に周りに幸せになってもらうように心がけて喜んでもらうことが、回りまわって幸せになる。
継続も自分のためにと思っては続きませんが、誰かのためにと思うと案外続くものかもしれません。
その相手の幸せを感じることができればみんな幸せになれるのかもしれません。

金谷さん、素敵なお話ありがとうございました。

来週7月22日は、上原和大さんの講義。
自分を知る旅【自分分析編】です。
詳細はまたイベントページを作成しシェアさせていただきます。
第16回もお楽しみに!^^

それでは今週も素敵な1週間にしていきましょう!!

MON1001.jpg


スポンサーサイト



<< 強い選手の共通点 | ホーム | 『10年後、僕はサハラ砂漠を駆け抜けている』 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム