FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/07/02 (Tue) 07:51
Monkey Cafe vol.013

皆さん、こんにちは!!!
昨日も朝7:00から8:20まで天神のOnRampで『Monkey Cafe』という朝勉強会を開催しましたよ。
本日は8人でスタートしていきました。
そして今日は特別ゲスト益田啓光さんの講義がありました。

休み空けで気持ちがなかなか上がらない月曜日の朝に
『ウキウキが止まらない!一週間の始まりを』
というスローガンで、みんなでこんな一週間にしていこうという内容になっています。

今年の目標と、数値で表すと今年の目標はどの程度進んでいるのか?
また先週の振り返りを「ライフライン」という手法
(用紙に先週を自分の感情や達成度をグラフにする)を使って、
班でシェアしていきました。

mo744.jpg


そして今回は特別講義『プレゼン編』というテーマで話して頂きました。
<講師紹介>

【益田 啓光 (Hiromitsu Masuda)
〈Webディレクター/ Logista / 歌うサラリーマン〉】
1981年熊本県生まれ。九州大学博士課程2007卒業。工学博士。
システム開発ベンダー、企業調査会社を経て2012年1月より広告代理店へ。
「人事を尽くして天命を待つ」という働き方を実践中。
そんな誰かと出逢った時、胸を張っていられるよう日々精進中。

今回はプレゼンについて考えていく時間となりました。
これまで最近プレゼンの講師を依頼されることが増えてきて
老若男女問わずプレゼンをされてきた益田さんから

・そもそもプレゼンとは何なのか
・プレゼンの種類
・適した資料(画面、紙)
・資料作りのコツ
・話すときのコツ

について非常に分かりやすく講義して頂きました。

mon745.jpg


私はいつも講義やセミナーの前に
「今日は一つだけでもいい。実践してください。」と参加者の皆さんにはお伝えしているのですが、
今回は一つだけでなく自分が良いと思ったものは実行して欲しいと思うほど、プレゼンに関してまとめてくださっていました。

m748.jpg


〇そもそもプレゼンの役割とは何でしょうか?
よく完璧な資料作りがゴールになってしまいがちですが、
『伝えること』です。
益田さんはあえてプレゼンの資料を、
プレゼンする翌日の夜や当日のぎりぎりになって作成されるそうです。
それはその時に自分が伝えたいことを伝えるためであるそうです。

私自身プレゼンというと講義や会議でするものという固定概念を持っていましたが、
実は日常にプレゼンする機会は溢れています。
例えば、挨拶。歌。
そしてプレゼンの要素がたっぷり詰まっている告白なんかもそうですね。

自分の考えや思いが相手に伝わる状態をイメージしながらプレゼンの構想を考えていきます。

資料を作る時に私がしていたこと。
それはいきなりパソコンの前に座って、いきなり資料作成し始めることでした。
時間を空けて作るということもあって一貫性のない、前後の関係性が正直わからない資料になることが多かったわけですが。
皆さんはいかがでしょうか?私と同じように作成している人が多いのではないでしょうか?
益田さんはまず紙とペンを持って、資料を作成していくそうです。
それも喋りながら書くことが肝です。

そして画面に映す内容に関しては
読ませるまのではなく、見せるものを。
5秒で伝わる資料を心がけます。
リードするのはあくまでも自分自身。

他の人がしゃべっても同じになるようなプレゼンではなく、自分自身が本気伝えたいものを自分のスタイルで感じるままに伝えること。

その他にも参加者からのたくさんの質問にお答えして頂きました。
益田さん、ありがとうございました!!

mo749.jpg


来週7月8日は、長浜靖典さんの講義。山笠から【チームビルディング編】です。
詳細はイベントページを作成しシェアさせていただきます。
第14回もお楽しみに!^^
スポンサーサイト



<< コミュニティ政策について考えた | ホーム | 加速する! >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム