FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/05/30 (Thu) 20:18
愚直にいこう

今日は失敗が続き、

誰かに迷惑をかけて、

自分の管理の甘さ、

余裕のなさにすごく嫌になっていた。

どっかで誰かのせいにしたいという気持ちが出てきていて、

けど何もそれじゃ解決しないってことも知っているから更にもやもやして

何かどうでも良くなってFacebookを眺めていた。

そしたら知り合いの方が元ソフトバンクホークスの川崎宗則選手の記事にコメントしていたので
軽い気持ちでチェックみた。


川崎といえばイチローと一緒に野球がしたくてメジャーリーグに行ったけど

イチローはヤンキースに入団して、マリナーズからは再契約を結んでもらえなかった。

更に2013年3月13日にブルージェイズとマイナー契約を結んだけど、

トロントの地元メディアの反応は芳しくなく

「メジャー昇格もままならず、おそらく途中解雇されるだろう」と冷ややかだったそうだ。


今どうなっているんだろうか?


「本拠地ロジャースセンターで行われた5月27日(日本時間28日)のオリオールズ戦。
9番・遊撃で先発出場すると1点を追う9回二死一、二塁の好機で左中間への2点適時二塁打を放ち、チームにサヨナラ勝ちをもたらした。
3安打3打点の猛打賞で大ヒーローとなった川崎は地元のテレビカメラに向かって「私の名前は川崎宗則、日本人です」とユニークな片言英語で絶叫。
場内のファンからもスタンディングオベーションで声援を送られた。

地元のトロント・スター紙が
「カワサキさん、ごめんなさい」という見出しをつけて“謝罪記事”を掲載するなど、川崎の評価はガラリと一変。
アグレッシブなプレーで多くのファンを魅了し、今では本拠地ロジャースセンターのスタンドに横断幕が張られるほどの人気選手となった。」

マリナーズとマイナー契約を結ばなければ、ソフトバンクで活躍する場も年俸も2倍近くもあったというのに
「(ソフトバンクに)残留すれば、確かにラクかもしれない。
でも、もっともっと苦しんで足掻いて、ゼロより下、マイナスの位置から這い上がってみたい。
人間は足掻かなくなって、ラクしようとしたら終わり。
『メジャー』という上の世界があるならば、そこに昇格してとことん上を目指したい。そして、もっと成長したい」
と強い口調で言い放った川崎は、今

持ち前の愚直さと努力をひたむきに続け、

メジャーリーグで一目を置かれるポジションとなっている。

夢だったイチローと一緒にプレーし続けるということがダメになっても

上手くいかないとき、マイナスの位置から這い上がっていく姿に

まだそこまで自分は頑張れていないし、本気、真剣さが足りないと思った。

迷惑をかけたならその分返すぐらいの気持ちでやらないといけないと思った。

そうじゃないと状況はもっと悪くなってしまうから。しっかりそのダメな部分を認めて謝ろう。

一度深呼吸して、
ちょっと走って、
スイッチを入れ替えてみよう。

川崎にすっごい元気もらった!ありがとう川崎!!

僕にも叶えたいものがある。負けるな自分。愚直にいこう。

川崎
スポンサーサイト



<< 『すごいプレゼン』 | ホーム | 感性とはなにか? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム