FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/05/29 (Wed) 23:59
感性とはなにか?

今日の朝礼で映画やCMなど世界中で活躍している作曲家の久石譲さんの

「感動はつくれるか」の本を紹介した。

これまで手掛けた曲は数知れず。映画であれば「となりのととろ」「ハウルの動く城」「奇跡のリンゴ」

CMだと「伊右衛門」など・・耳にした曲ばかり。

その中の話の中で感性の話があった。

作品をつくるためには感性が大切だと多くの人は言いますが

実際に感性とは何か?を明確に答えるのできる人は少ない。

そして感性は努力次第で身につくものなのだろうか?

久石さんはこのように答えている。

『日本人は、漠然としたイメージだけで「感性」という言葉を大事にしすぎています。

「感性」の基盤は、そのひとのバックボーンにあるものです。

僕がつくる曲は、僕の過去の経験、知識、今までに出会い聴いてきた音楽、作曲家としての

蓄積などが基になって生まれてきます。

僕は、これが、感性の95%だと思う。

しかし、ものづくりの核心は、やはり直感だと思う。これが残りの5%です。

これが、「想像力の肝」です。

そのセンス、直感の啓示のようなものをいかにしてつかみとるかというところで、誰もが悩む。

僕もまた、そこで日々苦しんでいる。』

つまりいろんな音楽や映画などに触れ自分の振れ幅を大きくすること。

この感性は音楽の世界だけではなくあらゆる仕事でも同じなのだと思う。

だから今、20代のうちは芸術も食も音楽もスポーツも好き嫌いせずに味わいたいと思う。

明日は朝6時から勉強会。たくさん人からも吸収していくよ!

久石譲さん!感動をありがとう!!

久石
スポンサーサイト



<< 愚直にいこう | ホーム | 自分らしく生きること >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム