FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/11/05 (Tue) 07:16
デンマークへ行ってきます

皆さん、おはようございます!

先日は、一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会さん主催の「120秒プレゼン交流会FINAL」でトップバッターを務めさせていただいきました。

プレゼン blog


アクロスの円形ホールでプレゼンは実は学生以来。

ばりばり緊張しました。

しかし、とても良い経験になりました。

プレゼン集合 BLOG


私は来月の11/10から11/18の間、デンマークで福祉・教育・働き方について学んできます。

デンマークは大学時代から行きたい!と夢みていた北欧の福祉先進国です。

今回のプレゼンでは、そのデンマークの旅をよい深めるために皆さんに提案したいことがあり、この場に立っています。

その提案の前に皆さんは、福祉についてどのようなイメージを持たれているでしょうか?

福祉の業界に仕事として足を踏み入れて気づいたのですが、まだまだ変わる要素が多い業界です。

そして、皆さんの生活に密接に関わってくる業界です。

私が雇用の面で仕事をしているので、ここで例を挙げるなら、

もしかしたら、これから生まれてくる子どもやお孫さんに障がいがある状態で生まれるかもしれません。

もしかしたら自分が、という可能性もあります。

その時にどうしよう?と考えてからでは、少し遅いと思います。

法定雇用率達成企業はまだ49%、つまりまだ働きたいけど働けていない方は多くいるわけですから。

日本の福祉はまだまだ変わります。

しかし、何をどのよう視点で考えることができれば良いのでしょうか?

でんま


私がデンマークにいる8日間は、
「高齢者センターの視察」
「デンマークの行政機関の訪問」
「国民学校(義務教育)の視察」
「障害者施設(グループホーム)視察」
「日欧文化交流学院での講義」
の予定を入れています。

ここで皆さんの力をお借りしたいです。

毎日、次の日の予定をFaceBookそしてブログで発信します。

提案というのは、

その時に、もし「私は現地の人こういうことを聞きたい」や「こんな観点からみたら?」

などコメントやメッセージを頂きたいということです。

私はまだまだ経験が足りません。

事前に60時間は予習します。

しかし、24年間の経験で視野を狭く捉えてしまうのは勿体ないと思っています。

様々な業界でご活躍されている人の意見や、
福祉業界の現場で見えている意見を現地の人にぶつけることができれば、より深い発見ができます。

この情報はもちろん、その日にアップして公開します。

大学時代の私は、デンマークに行くことが夢でした。

今は違います。

そこで得た経験を日本に持って帰ってきて、福祉に何かしらのシステム構築に貢献したいと思っています。

それが今の夢です。

デンマークに行ってすぐに何かが変わるわけではありません。

しかし5年後、10年に変えれるような在り方を考え、帰国後は地道にやるごきことを積み重ねたいと思っています。

スポンサーサイト



<< つなげ!襷!熊本リレーマラソン | ホーム | 山ありたにーあり雷山登山 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム