FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/10/27 (Sun) 17:47
山ありたにーあり雷山登山

昨日は雷山登山にチャレンジしてきました。

前日までは悪天候が続いていて、延期も考えていましたが天候にも恵まれて登山日和でした。

山ありたにーあり登山部の活動は本日で3回目。

第1回は宝満山を登山して、第2回は大分の九重を登り、今回は部長の私も初めて登る雷山です。

回を重ねるごとに部員の服装がガチになってきているのは気のせいでしょうか・・・(笑)

それでは、今から雷山登山を振り返ってみようと思います。

tozann1.jpg


まずは準備体操

まだまだ元気いっぱいです。

この時、中尾美恵さんによる体幹レッスンもありました。

体幹を意識して登ることによって、次の日に疲れが溜まりにくくなるなど様々な効果があるようです。

tozan3.jpg

登山スタート。

tozann2.jpg

雷山自然歩道コースです。


toza4.jpg

第一関門を難なく突破し、

tozan5.jpg

険しいコースを登り続けました。

tozan8.jpg

先月オーストラリアからやってきた登山大好フィリップは辞書を片手に登っていました。

日本語を学ぶために勉強もしたいと意気込んでいました。素晴らしいです!!見習わなければならないところです。

tozan9.jpg

tozan10.jpg

川を横断する第二関門もなんとか連係プレーで突破して、

tozan11.jpg

無事、滝までたどり着きました。

tozan12.jpg

頂上に近づくにつれて紅葉もちらほら。

葉の色が鮮やかで癒されました。

tozan13.jpg

あとちょっとで頂上だ!!って感じでテンションが上がってきました。

tozan14.jpg

そして到着!!
頂上で集合写真を1枚撮りました。

tozan15.jpg

雷山山頂はこんな感じでした。

少し肌寒かったですが、景色はとても綺麗でした。

登山が人生初の市原君も感動していました。

tozan16.jpg

怪我することなく無事に下山

tozan17.jpg

その後、伊都菜彩で美味しいソフトクリームを食べて、

tozan20.jpg

上原君の地元の「ふくの湯」で疲れを流しました。

なんとフィリップは風呂が初めて。

作法を片言な英語も交えて伝えていきました。

最後は風呂上りお決まりの牛乳です。

左手を腰にあて、男4人で一気に飲み干しました。

自然を満喫した1日となりました。

次回は来年を予定しています。

山登りたい方はいつでも声かけてくださいね。

以上、雷山登山レポートでした。
スポンサーサイト



<< デンマークへ行ってきます | ホーム | 文章は勇気を持って短く言い切ろう >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム