FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/10/17 (Thu) 05:20
自分の書いた記事を読んでもらう術 アクション編

さて、前回は自分が書いた文章を読んでもらうためには、

人の動機にヒントがあるという話を進めていきました。

人の行動には動機があり、その動機は創り出せます。

読み手の読む気を引き出す文章の書き方

相手に文章を読みたい!!と思わせる為には文章の末尾ではなく、

文章の文頭。つまり書き出しにかかっています。

この時に考えなければならないのは「読み手から見た時に、これを読むときの動機は何だろう」ということです。

また、どんな人に読んで欲しい人を自分の中でイメージする必要もあります。

文章内容も大切ですが、もちろんアナウンスにおいてはタイトルも重要だということもお忘れなく。

ではどのような文章が必要なのだろうでしょうか?

思考


1、効能を示す
読み手が読むことでどうなるのかを示します。それも端的に。

どのような場面で、どのような時に役に立つのか。

また即効性のあるものは人の目に留まりやすいです。

例)PCの簡易テクニック。これを読めば、今日から60分の作業が30分に短縮できます!ect・・・


2、相手にとって切実。身近な話題とリンクさせる
今、相手にとって切実なことは何か考え、自分の書こうとしている内容を考える。
まず相手にとって切実な話題から書き、その後自分の話題を切り込んでいきましょう。

3、タイムリーな話題とリンクさせる
まさに、その時タイムリーな話題を考えて、その後自分の話にリンクさせていきます。

相手に届ける方法がわかれば、どのような情報を収集すべきかは自ずとわかるはずです。

では、この3つの例を基に自分で文章を作成してみましょう。

えんぴつ

スポンサーサイト



<< 自分の書いた記事を読んでもらう術 導入編 | ホーム | 言葉の不思議 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム