FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/04/26 (Fri) 10:46
1日3つのすゝめ

皆さん、こんにちは!


今日から中尾の思いつきで毎日朝礼で雑誌や新聞やセミナーの内容で気づいとことを


話す時間を頂くことになりました。相手に何を届けるか?


自己満足では終わらない時間にしていきたいと思います。


さて、昨日は仕事が終わった後に天神で2時間ほどお世話になっている経営者の方とお話させて頂きました。


一度アドバイスしたことで2度言ってもし変わらなければ、


その相手とは付き合わないというMYルールを持っている方で


なんとしても背中を追いかけていたい憧れの先輩です。


今回も幾つも気づきを頂いたので、その中での気づきを一つ共有したいと思います。


前回ブログでもアップしましたが、私は毎日手帳に予定と実績を記入しています。


ただ、その時に失敗したところに関して書くことができていないので改善できていない気がしていました。


そのことについてお話したところ「今はそれでいいと思うよ」という言葉を頂きました。


日本の教育は欠点にも力を入れようという特徴が他国と比較しても傾向としてあるようです。


例えば英語が得意だけど数学が苦手な学生に数学を勉強する時間に抽出させようとする。


そうすると平均的になる、もしくはどちらも対したことのない能力になってしまう場合も高いような気がします。


また苦手な事に向き合い続けるとモチベーションも下がりますよね。


その言葉を聞いた時に、


他人に不快な気持ちをさせたり、迷惑をかけたりすること、お叱りをもらった時


やはり素直に受け止めて、反省して変わらなければならないけれど、


プラスの面に目を向けていく記録はこれからも続けていこうと思いました。


僕が自分のことで良いなーっと感じる部分は伸ばしていきたいと思いました。



その話をしていて気づいたのですが、


7月から僕が続けているHAPPY NOTEという


日々の幸せや気づきを3つ綴るアプリで


途中さぼったりしたけど186日記録していました。


月平均は18日と3分の2も記録していませんでしたし、


その内容も○○の映画を観て感動した!!など簡単なものもあります。


ただ、186日×3つ=558


10か月の間で最低でも558つの幸せを僕は感じていたことに気づけました。


読み返してみると、


幸せには他者がいて


幸せには感謝の気持ちが含まれているのだと気づけました。


過去の気づきから今にかけて半歩でも前に進んでいるように思えました。


自信がちょっぴり出ました。


僕がなぜ幸せなのか、この1日3つの記録から気づかせてもらいました。



案外記録していない日の小さな小さな幸せは思い出せないものです。


実は今朝も幸せなが一つありました。


僕が瀬古利彦さんのことが好きだと言っていたことを職場のスタッフの方が覚えていてくれて、


ある新聞のスポーツ随想のコーナーに書かれていた瀬古さんの記事を切り取って持ってきて下さいました。


本当に有難いし、そんなスタッフと働けている今に嬉しく思い、頑張りたいと思いました。


シンプルかつ簡単な記録ですが、積み重ねると自分にとって大きな財産になっています。


そしてその宝物をこれからも日々のありふれた日常から見つけていきたい!そう思っています。


皆さんは今日小さな幸せを見つけましたか?


「1日3つ、日々の小さな幸せや気づきを記録することのすゝめ」でした。

幸せ
スポンサーサイト



<< 家族のことについて語るときに僕の語ること | ホーム | なぜあの時リーダーになれなかったのか? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム