FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/10/03 (Thu) 08:05
マラソンと筋トレの関係

私は高校の時から陸上部に所属している。
運動していない人から良く勘違いされるのは、
マラソンで成果を出すためにはひたすらはしるしかないという考えだ。

実際にそれだけで早く走れるようになる人もいるかもしれないが、私はそうは思わない。
では他に必要な要素を挙げるとしたら、どんな点を挙げるだろうか?

それは筋トレとストレッチである。
「筋持久力」を高めること、そして「筋力」を高めることです。
筋肉にはたくさんの細胞があり、鍛えれば強くなります。
鍛えてなければ疲れが溜まりやすくなってしまいます。

ただ私はマラソンを走るようになってから、
走るためにあまり必要ではない筋肉をつけ過ぎると、
無駄な負荷を背負って走っているのと同じことになります。

だからランニングに影響が出ないように気を付けています。

後はストレッチ。
怪我をしないためには、日々のケアが無ければいけません。
運動していない時でも柔軟体操をし、怪我をしにくい体を作ることが大事です。

部活を引退してから疎かになってるから、最近は意識的にやらないとなーっと思っています。

走る
スポンサーサイト



<< 言葉の不思議 | ホーム | 【MONKEY CAFE vol.022 読書力】 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム