FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/09/28 (Sat) 08:07
【MONKEY CAFE vol.022 読書力】

皆さん、こんにちは!!!
今週の月曜日の朝 7:00から8:20 まで天神の OnRampで『Monkey Cafe 』という朝勉強会を開催しましたよ。
本日は 6人でスタートしていきました。
休日ということもあり、関東から大塚くん。
鹿児島から谷川さんも参戦していただきました。

そして、今回は特別ゲストの寺田さんの講義がありました。

休み空けで気持ちがなかなか上がらない月曜日の朝に
『ウキウキが止まらない!一週間の始まりを』
というスローガンで、みんなでこんな一週間にしていこうという内容になっています。

まずは自己紹介と、今年の目標をシェアしていきました。

image(11).jpeg


そして今回は特別講義『読書力』というテーマで話して頂きました。

講師は株式会社J・エデュケーション 代表取締役 社長寺田昌嗣さん。

【講師紹介】
福岡県出身。名古屋大学法学部卒。
元福岡県立高校公民科教師。
高校時代に「右脳」「1冊1分」をうたう夢のような速読にはまり、
いくつもの講座にトライし挫折。

その後、7年がかりで自力で速読をマスターし、さらに7年かけて実用的ビジネススキルとして速読術を完成。2001年に独立し、その指導と普及にあたる。
人気ベンチャー企業Y-Cubeから大手電力会社まで幅広く社員研修を実施。

主催する速読術講座には、石原明氏、吉野真由美氏、滝井秀典氏、マネー・ヘッタ・チャン氏、藤沢あゆみ氏、松原一樹氏ほか多数のビジネス書ベストセラー作家が訪れている。

近著『フォーカス・リーディング』は10万部のベストセラー。

現在、月に3度読書会を主催されています。

いきなりですが、皆さんは本を読みますか?

読まれる方は何故本を読みますか?

私は講義を通して人格(徳・善)を形成する為に欠かせないからだと認識しました。

人格には技術と経験・知識・思慮と判断で成り立っていて、自分の経験だと不足している点を補う為に必要となります。

MON.jpg


講義の内容というよりも私の感想を載せていきます。

まず、今回講義を学び、本の読み方や何故本を読むのかデザインできていない状態で読めるのかで大きな差が開くと感じました。

なぜなら、闇雲に読んだとしても蓄積されません。
また寺田さんもおっしゃっていましたが、小学生でも読める簡単なビジネス書を読んで分かった気になったとしても現実で活用できるかというと別の話だからです。
頭でっかちは避けたいですよね。

また自分はどんな35歳で在りたいですか?という問いがありました。

私は年齢に関係なく、自分で考えて、価値を生み出す仕事をしていたいと思います。

誰もが受け取る同じ情報でも裏を読み取り、本当だろうかと疑いメディアに流されない力を持ちたいと思います。

言葉を定義付けして、相手に分かりやすく伝えることの人間になりたいと思いました。

その為に今回の寺田さんのアドバイスから行動したいと思ったことが、2点あります。

1点は天声人語の模写。
一流の記者の方の文章力とリズムを身につけます。
1988年前がオススメということで、まず1985年~1988年度のものを購入しました。一日一文模写して読解力もつけます。

2点目は以前もオススメしていただいた学問のすすめの読書会を今年もしくは来年開催すること。それも単発ではなくて、ページを区切り読み進めていきたいと思っています。
学問のすすめが書かれている時代と現在は似ている点が多いということです。
歴史から時代の流れを学び、未来を予測しながら学び続けたいです。

image(12).jpeg


めちゃくちゃ長くなりましたが、とても学びがありました。

寺田さん、そして参加者の皆さんありがとうございました。

On RAMPの会員は今月までなので、今後はカフェで開催します。



スポンサーサイト



<< マラソンと筋トレの関係 | ホーム | ◆二つのこと >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム