FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/09/16 (Mon) 22:11
失敗しても情熱を持ち続けること

昨日は起業家の甲子園というもののキックオフイベントに参加させていただいた。

4人のプレゼンテーション聞いて思ったのは、最初からうまくいっていた訳でもないし、

まだ完成形態でもない。ましてや真似できないというものでもない。

魅せ方とかもそんなに上手なわけではない。

だけど続けている。

途中で投げ出さないところが共通としてあった。

リーダーシップの形がこれから変わってくると冒頭に話があった。

これまでは組織の上に立っている存在というイメージがあった。

しかし、これからは一歩前に飛び出して馬鹿になれるかということだ。

僕は昔から人目を気にするタイプだ。

だけど、前と違うのはその自分の性格を分かったうえで挑戦すること。

真面目で面白くなくて、誰にも価値を生むことはできないと思って、

何かしら言い訳をして行動を起こさなかった時とは違う。

面白いことはできない!と決めつけるのではなく面白い要素を加えるためにはどうすればよいかと考えるようにした。

若しくは真面目なら真面目なりに真面目な事やって、共感が集まればそれはそれでOKだと思うようになった。

結局のところやってみなきゃわからないし、

つづけてみなきゃわからないってこと。

真新しいことなんてそんなにないんだ。

その単純作業の中から本当にちっちゃな変化に気づき少しずつ変えていく作業を繰り返していく。

この積み重ねなんだと思う。

ノウハウに逃げない。

自分の歩みをとめないで、前に進もう。
スポンサーサイト



<< 仕事が終わってすぐに帰ったら | ホーム | どうしたら本嫌いな人に本を読んでもらうか? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム