FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/08/20 (Tue) 10:30
どうやったら前に進めるか?

先日聞いた話でそうなのかなーって感じた話を聞いた。

マニュアルの時代は終わり、
これから個人の能力によって物事が作り出されていくという。

これまではマニュアルによって生産性が飛躍し必要となってきたが、

上からの指示で動き、それ通りに動くだけでは上手く機能しなくなるのかもしれない。

果たしてそうなのだろうか?

僕はマニュアルは顕在し、過去からの失敗からどんどん蓄えられて次に託していくものだと思う。

技術者や専門家の知識や経験を次に引き継がずに、
何もない状態から何かを創り出すのはもったいないし、それ以上のものは生まれないし、

組織において機能しなくなるはずだ。

ではどういった世の中になるのだろうか?

どこかの決められた場所には集まらずに、各個人が仕事を創りだせる世の中となるのだろうか?

やはり、様々なところでも言われているが格差はこれからどんどん広がっていくはずだ。

会社という組織が完全になくなることはないとは思う。

なぜならこれまで指示に従って行動してきた人が自分の頭ですべて考えてお金を産み出すということは難しいように思えるからだ。

その上、責任が伴う。この責任を自ら進んで取りますよ!って人も少ないかもしれない。


先日、アジアで300日は仕事をしている本村さんの話を聞いた時
本村拓人さんのお話

責任を取るためには覚悟が必要だという言葉に共感した。

つまり覚悟を決めるほどの問題意識、ミッションがあるのかと考えると皆が皆ないと思う。

これは無理やり見つけるものではないし、見つかるものでもない。

未来を見据えて行動していくことも、目の前のことで精一杯で、

行き当たりばったりとなってしまう。

そこから抜け出すためには、一度自分自身を俯瞰する時間を取ることが必要だと思う。

そして在り方を考えることと、具体的にどのように行動を起こしていくかをチェック項目を作ることが大切だと思う。

これを毎日時間を取るようにできると、

少なくとも自分が情熱を燃やしていることや、

楽しいことが見えてくるかもしれない。

得意な事や苦手な事も時間の配分によっても見えてくる。

僕は今、自分で考え、短いスパンだけでなく長い期間でどのように舵を取っていくかを考えなければならない。

一日単位だと上手くはいかないから、計画を如何に上手く立てて、

それからどうやって愚直に行動し、チェックできるかだ。

早く前に進みたいと考えても、結局は今の積み重ねだ。

それも一定のペースで刻むこと。

マラソンと一緒。


あとは共感力。

身近なところで気づかない問題点を見える化していくこと。

そして情熱を以てまず自分が一歩を踏み出すことが、

今前にチームで進んで行くため必要なのかもしれない。

まずは福岡の地でこれをやる。

愚直に行動を起こす。

考える

博多格安貸し会議室のご案内

スポンサーサイト



<< どうしたら本嫌いな人に本を読んでもらうか? | ホーム | 余裕のある状態を保つためには >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム