FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/09/28 (Sat) 08:07
【MONKEY CAFE vol.022 読書力】

皆さん、こんにちは!!!
今週の月曜日の朝 7:00から8:20 まで天神の OnRampで『Monkey Cafe 』という朝勉強会を開催しましたよ。
本日は 6人でスタートしていきました。
休日ということもあり、関東から大塚くん。
鹿児島から谷川さんも参戦していただきました。

そして、今回は特別ゲストの寺田さんの講義がありました。

休み空けで気持ちがなかなか上がらない月曜日の朝に
『ウキウキが止まらない!一週間の始まりを』
というスローガンで、みんなでこんな一週間にしていこうという内容になっています。

まずは自己紹介と、今年の目標をシェアしていきました。

image(11).jpeg


そして今回は特別講義『読書力』というテーマで話して頂きました。

講師は株式会社J・エデュケーション 代表取締役 社長寺田昌嗣さん。

【講師紹介】
福岡県出身。名古屋大学法学部卒。
元福岡県立高校公民科教師。
高校時代に「右脳」「1冊1分」をうたう夢のような速読にはまり、
いくつもの講座にトライし挫折。

その後、7年がかりで自力で速読をマスターし、さらに7年かけて実用的ビジネススキルとして速読術を完成。2001年に独立し、その指導と普及にあたる。
人気ベンチャー企業Y-Cubeから大手電力会社まで幅広く社員研修を実施。

主催する速読術講座には、石原明氏、吉野真由美氏、滝井秀典氏、マネー・ヘッタ・チャン氏、藤沢あゆみ氏、松原一樹氏ほか多数のビジネス書ベストセラー作家が訪れている。

近著『フォーカス・リーディング』は10万部のベストセラー。

現在、月に3度読書会を主催されています。

いきなりですが、皆さんは本を読みますか?

読まれる方は何故本を読みますか?

私は講義を通して人格(徳・善)を形成する為に欠かせないからだと認識しました。

人格には技術と経験・知識・思慮と判断で成り立っていて、自分の経験だと不足している点を補う為に必要となります。

MON.jpg


講義の内容というよりも私の感想を載せていきます。

まず、今回講義を学び、本の読み方や何故本を読むのかデザインできていない状態で読めるのかで大きな差が開くと感じました。

なぜなら、闇雲に読んだとしても蓄積されません。
また寺田さんもおっしゃっていましたが、小学生でも読める簡単なビジネス書を読んで分かった気になったとしても現実で活用できるかというと別の話だからです。
頭でっかちは避けたいですよね。

また自分はどんな35歳で在りたいですか?という問いがありました。

私は年齢に関係なく、自分で考えて、価値を生み出す仕事をしていたいと思います。

誰もが受け取る同じ情報でも裏を読み取り、本当だろうかと疑いメディアに流されない力を持ちたいと思います。

言葉を定義付けして、相手に分かりやすく伝えることの人間になりたいと思いました。

その為に今回の寺田さんのアドバイスから行動したいと思ったことが、2点あります。

1点は天声人語の模写。
一流の記者の方の文章力とリズムを身につけます。
1988年前がオススメということで、まず1985年~1988年度のものを購入しました。一日一文模写して読解力もつけます。

2点目は以前もオススメしていただいた学問のすすめの読書会を今年もしくは来年開催すること。それも単発ではなくて、ページを区切り読み進めていきたいと思っています。
学問のすすめが書かれている時代と現在は似ている点が多いということです。
歴史から時代の流れを学び、未来を予測しながら学び続けたいです。

image(12).jpeg


めちゃくちゃ長くなりましたが、とても学びがありました。

寺田さん、そして参加者の皆さんありがとうございました。

On RAMPの会員は今月までなので、今後はカフェで開催します。



スポンサーサイト



2013/09/26 (Thu) 12:43
◆二つのこと

◆二つのこと
大切な人に2つ望むならば、何を望むだろうか?

一つは幸せになって欲しいということ。

本には先に天国に行かないでということだったけど、
僕は人が最後まで命を全うして自然に天国へいくのならいいと思う。

望むのは、自分で自分の命を絶つことだけはしないでほしいということだ。

2013/09/25 (Wed) 09:37
答えが運ばれてくるまでに という本を読む前に自分なりに考えてみた

明日は「ぷち哲学」という読書会がある。

本を読む前にタイトルをみてまず自分の考えを整理してみたいと思う。

答えが運ばれてくるまでに僕らは何を考えるのだろうか?

そもそもどのような問に対する答えを求めているのだろうか?

事業が上手く軌道に乗るためにはどうすれば良いかという問いだろうか?

それとも自分自身が幸せに生きていくためにはだろうか?

ある本では答えが見つかったら80%はゴールに近づいていて、
後は愚直に行動すれば大丈夫だという?

僕は今のやっていることが本当に自分にやりたいことなのかという問いをよくする。

ニトリで働いていた時に答えを求めていてどのようにその答えを見つけていたかというと様々な人に話したり、書いたりしていた。

自分との対話の時間を走りながらとっていたし、働く人の考え方を知る中で新たな視点を見つけることもできた。

そして答えを見分けることができるのだろうか?
100%正しい答えが見つかったことがあるのだろうかと僕はよく考える。

選択を正解にしようという言葉が大学時代に所属していたサークルの言葉だった。

話しが戻るが僕らは沢山の問いを持たなければならないと思う。

大きな問の答えを見つけるためには、たくさんの小さな問を積み重ねてそこへ向かうアプローチをしなければならないと思う。

BLOG 答えを探す

2013/09/24 (Tue) 13:40
九重登山とブルーベリー

【九重登山とブルーベリー】
皆さん、おはようございます。
半沢直樹の最終回の視聴率が平成で一位に輝いたそうですね。
全く見ていなかった《やまありたにーあり登山部》の中尾です。

九重登山に挑戦してきました。

登山事態が初めて!!という若いメンバーが全速力で山を登っていく姿を見て、
自分も歳を重ねていることを実感しました。

天候にも恵まれて、
山頂で最高の景色を楽しむことができました。
雲と同じ高さだったので非常にびっくりしました。

昼ごはんは基山で買ったかしわおにぎりです。
めちゃくちゃ美味しかったですよ。

登り2時間、下り1時間30分ぐらいで山を堪能したあと、

現地で有名?な甘酸っぱいブルーベリーのソフトクリームをメンバーで食べました。

疲れている時のソフトクリームは言葉がでませんでした。最高でした。うますぎます。

そして湯布院までドライブして温泉へ。

いつも思うんですが登山後の温泉は格別ですね。

朝から晩まで楽しんできました。

家に帰ると真っ赤に顔がやけていました。

これもまた思い出の一つですね。

一つ心配なことと言えば、メンバーの筋肉痛。

歩けることを祈っています(笑)

第三弾は来月の10/26を予定しています。

次は紅葉を楽しみながら登れるかも。乞うご期待!

九重

2013/09/17 (Tue) 11:56
仕事が終わってすぐに帰ったら

昨日は敬老の日ということもあり、

仕事が終わった後は誰とも会う約束もいれずに家に帰った。

実は久しぶりのことだった。

ご飯を19時に食べて、本を読む。

その後、毎週実施している近況報告会を20分ほどする。

先週はどんな一週間を過ごして、どんな収穫や出会いがあったかを報告していくと、

今週すべきことが明確になるし、ヤル気が常に保たれるのだ。

そしてその後、近くの公園で筋トレとランニングをしながら再度振り返る。

本当に時間が過ぎるのが早いから自分の進んでいる方向を俯瞰して確認するという時間が疎かになりがちだった。

人と話していると時間はあっという間で、帰宅後はすぐ寝るということがほとんどだったが、

定期的に仕事が終わった後は早く帰宅して、明日の準備などに時間を活用していきたい。

朝も早起きできたし、徐々に自分の良い習慣を取り戻していくんだ。

2013/09/16 (Mon) 22:11
失敗しても情熱を持ち続けること

昨日は起業家の甲子園というもののキックオフイベントに参加させていただいた。

4人のプレゼンテーション聞いて思ったのは、最初からうまくいっていた訳でもないし、

まだ完成形態でもない。ましてや真似できないというものでもない。

魅せ方とかもそんなに上手なわけではない。

だけど続けている。

途中で投げ出さないところが共通としてあった。

リーダーシップの形がこれから変わってくると冒頭に話があった。

これまでは組織の上に立っている存在というイメージがあった。

しかし、これからは一歩前に飛び出して馬鹿になれるかということだ。

僕は昔から人目を気にするタイプだ。

だけど、前と違うのはその自分の性格を分かったうえで挑戦すること。

真面目で面白くなくて、誰にも価値を生むことはできないと思って、

何かしら言い訳をして行動を起こさなかった時とは違う。

面白いことはできない!と決めつけるのではなく面白い要素を加えるためにはどうすればよいかと考えるようにした。

若しくは真面目なら真面目なりに真面目な事やって、共感が集まればそれはそれでOKだと思うようになった。

結局のところやってみなきゃわからないし、

つづけてみなきゃわからないってこと。

真新しいことなんてそんなにないんだ。

その単純作業の中から本当にちっちゃな変化に気づき少しずつ変えていく作業を繰り返していく。

この積み重ねなんだと思う。

ノウハウに逃げない。

自分の歩みをとめないで、前に進もう。

2013/09/06 (Fri) 18:25
どうしたら本嫌いな人に本を読んでもらうか?

論語勉強会でお世話になっている方から紹介して頂いた

【「本の未来をつくる仕事」「仕事の未来をつくる本」】という両A面の本を読んだ。

著者である内沼晋太郎氏の携わってきたプロジェクトと、
本に関わる様々なトピックが書かれていたもの。

読書好きの僕には面白い内容だったし、彼の仕事に関する考えも好きだった。

ここでこの本で紹介されていた2つの本屋さんを紹介したいと思う。

1つ目は「彼女は本が嫌い」というお店。

本嫌いのための本屋さん。

「どうしら本嫌いな人に本を楽しんで読んでもらうか」

「友達に薦められた一冊の本を読んで本好きになったきっかけが多いのではないか?」

顔写真の主と購入者にそれぞれURLを公開した。

なんだかわからない本を、勝手に友達に薦められた本。

当初は「かわいい女の子とかから売れていくだろう」と予測していた。

しかし予想に反してバランスよく売れていったという。


2つ目は〈HANSEL&GRETEL〉というお店。

「世界中を旅してきた魔女が、子どもにとおて生涯記憶に残るような品々を集めてきた」

店内の什器もオリジナルにこだわって世界観が作られている。

匂いや壁の色などこだわりがすごい。

2つの本屋だけでなく僕が紹介された全て本屋に共通していると感じたのは、

コンセプトがあって、

本好きではなくても、面白いということだ。これはあくまでも僕の価値観。

ただ本でけでなく、スポーツにしても好きになるかどうかは最初の出会い方は大事だと思う。

面白さが必要なのではないだろうか?そしてコンセプトがある方がいい。

エンターテインメント性は必要なのかもしれない。

問題はその面白さをどのように伝えるかである。

内沼氏はお子さんを持ったお母さんたちから

「子供を本好きにするにはどうしたらいいか」

とよく質問されるらしい。

その時の答えは、
「まずは自分自身が子供の前で面白そうに本ばっかり読んで、かつ子供には全く薦めない」

その答えを聞いて、まずは自らが楽しむことが大切なんだと思った。

そしたら仕事だってそうだ。

「子供に仕事が楽しいものと思ってもらうためには」

って聞かれたら。

「まずは自分自身が子供の前で楽しそうにしてみる。なんでそんなに楽しそうなん?」

って思ってもらえるぐらいに、まず自分が困難があっても人生を常に楽しみ倒すことだ。

面白くないことで必要なことは強制しなければならないけど、

本来面白いものは見せつけてじらすほうが良い。

僕は本と出会って人との共通の話題もできたし、

世界拡がったし、そこから行動が生まれた。

自分一人だけの人生じゃ成しえない沢山の人の人生や考え方と触れることができて、

時間を超えて

なんか儲けた気がする。

違和感を感じる本からは自分がどのような考え方を持った人間なのか知れるし、

まだまだ知らないことばかりだと気づかせてくれる。

だからこれからも本を読み続けるだろう。

本は無理やり読んでもらうものではないけど、読まず嫌いをしている方には出会って欲しい。

そんな本との出会いの機会を福岡で増やしていけたらと思う。

本

| ホーム |

 ホーム