FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/09/28 (Sat) 08:07
【MONKEY CAFE vol.022 読書力】

皆さん、こんにちは!!!
今週の月曜日の朝 7:00から8:20 まで天神の OnRampで『Monkey Cafe 』という朝勉強会を開催しましたよ。
本日は 6人でスタートしていきました。
休日ということもあり、関東から大塚くん。
鹿児島から谷川さんも参戦していただきました。

そして、今回は特別ゲストの寺田さんの講義がありました。

休み空けで気持ちがなかなか上がらない月曜日の朝に
『ウキウキが止まらない!一週間の始まりを』
というスローガンで、みんなでこんな一週間にしていこうという内容になっています。

まずは自己紹介と、今年の目標をシェアしていきました。

image(11).jpeg


そして今回は特別講義『読書力』というテーマで話して頂きました。

講師は株式会社J・エデュケーション 代表取締役 社長寺田昌嗣さん。

【講師紹介】
福岡県出身。名古屋大学法学部卒。
元福岡県立高校公民科教師。
高校時代に「右脳」「1冊1分」をうたう夢のような速読にはまり、
いくつもの講座にトライし挫折。

その後、7年がかりで自力で速読をマスターし、さらに7年かけて実用的ビジネススキルとして速読術を完成。2001年に独立し、その指導と普及にあたる。
人気ベンチャー企業Y-Cubeから大手電力会社まで幅広く社員研修を実施。

主催する速読術講座には、石原明氏、吉野真由美氏、滝井秀典氏、マネー・ヘッタ・チャン氏、藤沢あゆみ氏、松原一樹氏ほか多数のビジネス書ベストセラー作家が訪れている。

近著『フォーカス・リーディング』は10万部のベストセラー。

現在、月に3度読書会を主催されています。

いきなりですが、皆さんは本を読みますか?

読まれる方は何故本を読みますか?

私は講義を通して人格(徳・善)を形成する為に欠かせないからだと認識しました。

人格には技術と経験・知識・思慮と判断で成り立っていて、自分の経験だと不足している点を補う為に必要となります。

MON.jpg


講義の内容というよりも私の感想を載せていきます。

まず、今回講義を学び、本の読み方や何故本を読むのかデザインできていない状態で読めるのかで大きな差が開くと感じました。

なぜなら、闇雲に読んだとしても蓄積されません。
また寺田さんもおっしゃっていましたが、小学生でも読める簡単なビジネス書を読んで分かった気になったとしても現実で活用できるかというと別の話だからです。
頭でっかちは避けたいですよね。

また自分はどんな35歳で在りたいですか?という問いがありました。

私は年齢に関係なく、自分で考えて、価値を生み出す仕事をしていたいと思います。

誰もが受け取る同じ情報でも裏を読み取り、本当だろうかと疑いメディアに流されない力を持ちたいと思います。

言葉を定義付けして、相手に分かりやすく伝えることの人間になりたいと思いました。

その為に今回の寺田さんのアドバイスから行動したいと思ったことが、2点あります。

1点は天声人語の模写。
一流の記者の方の文章力とリズムを身につけます。
1988年前がオススメということで、まず1985年~1988年度のものを購入しました。一日一文模写して読解力もつけます。

2点目は以前もオススメしていただいた学問のすすめの読書会を今年もしくは来年開催すること。それも単発ではなくて、ページを区切り読み進めていきたいと思っています。
学問のすすめが書かれている時代と現在は似ている点が多いということです。
歴史から時代の流れを学び、未来を予測しながら学び続けたいです。

image(12).jpeg


めちゃくちゃ長くなりましたが、とても学びがありました。

寺田さん、そして参加者の皆さんありがとうございました。

On RAMPの会員は今月までなので、今後はカフェで開催します。



スポンサーサイト



2013/08/14 (Wed) 18:15
『人を動かす新たな3原則』

セールスの金言ABCは、
長い間、
Always Be Closing
-だった。
21世紀のABC3原則は?

モチベーション3.0やハイコンセプトでお馴染みの
ダニエル・ピンクの最新作
『人を動かす新たな3原則』

先日衝動買いした一冊。

最後に訳者解説にもあるが、
まさかダニエル・ピンクから営業に関する書物が発刊されるとは!!
という気持ちでこの本を手に取った。

僕がこのダニエル・ピンクの本で好きなのは未来について書かれているところだ。ここに関心がある。

未来を創っていくためにはどのような行動や思考を持つべきだろうか?

目の前のことを一所懸命にやり続けることも過去を振り返ると同時に、
やはりこれからどのような社会がやってくるのかを予測し備えなければならない。

起こりえる事態がわかっているのに行動できないのも問題だけど、
努力して知れる情報を得れない状態も問題である。

セールスつまり営業と聞いて皆さんはどのようなイメージを抱くだろうか?

「うるさい」「つらい」「不誠実」「不快」など、あまり好ましくない言葉で印象づけられる分野だ。

しかし、様々な場面を切り取ってみると、ほとんどの人が営業をしているのだ。

セールス力とはそもそも何だろうか?

一部の人しか与えられていないものなのだろうか。
本書では社会をよくしたいという使命感に基づく強力なモチベーションの結果として、自然に発揮されるもの。
つまり人間誰しもに内在している能力であり、それは社会性と一致した時に、自然に解放するものだそうだ。

うーん。これだとなんか綺麗ごとにしか聞こえない。もっと読み進めてみると・・

セールスはテクニックとして身につければ、周りから疎まれるが、人間性の深い理解に基づくセールスを実践すれば周りから応援されるようになるそうだ。
つまり、「売り上げにならない、売り込み」ではなく「売り込みしない、売上の上げ方」を伝えている。

今回ダニエル・ピンクが古風のセールABCの代案として社会科学の膨大の調査から挙げた特質は、
Attunement(同調)
Buoyancy(浮揚力)
Clarity(明確性)
である。

この3つに触れていくとかなりの文字になってしまうので書かないが。事例で新たな気づきがあったものを今回は3つ紹介したいと思う。

○1会議に誰も座らない椅子を持ち込む
アマゾンでも、多くの組織と同じように多数のミーティングが開かれる。しかし重要なミーティングでは、幹部やマーケティングの達人、ソフトウェア担当者の席の傍らに、誰も座らない椅子が一脚置かれる。その部屋でもっとも重要な人物が本当は誰なのか、出席者に思い起こさせるためだ――それは顧客のことだ。

○2自分宛てに断りの手紙を出す
仮に今度就職の面接を受けるか、投資家に資金提供を依頼するところだとしよう。1時間ほど時間を割いて、あなたが心をつかもうとしている人物が「残念ながら今回はご縁がなかった」理由を述べた手紙を、自分で書いてみるとよい。
 自分で書いた手紙を読むと、おそらく笑いがこみあげてくるだろう。ひとたび書面の体裁になると、それほど悲惨には思えなくなる。さらに重要な点は、断られる理由を明確に指摘することで自分の弱点が浮かび上がり、その強化に努められることだ。

○3自分のお祖母さんと接するように全ての人と接する
『ニューヨーク・タイムズ』紙によると、写真添付の効果を研究したイスラエルの放射線医師イェホナタン・ターナーが、自分の仕事が人間味に欠けていると最初に感じたときにとった方法は、検証するCT画像の1枚1枚を父親のものだと想像することだったという。
 ターナーの知恵とその簡単な技法とを、人を動かすことに関しても取り入れることができる。すべての出会いで、相手を自分のお祖母さんだと思ってみるのだ。

上記の3つから、
テクニックではなく、仕事にどのような気持ちで臨むべきかを非常に考えさせられた。
相手に自分自身が自信を持ってサービスを提供できるか考えて取り組んでいるか。
こういった事例に触れた時に問い質すことができる。
ただ読み、それで終わりではなくそれからどうするかが大事である。

何を知ってもらい、
そこから何を感じてもらうか。
そこからどのような行動をして欲しいか?

仕事をしている以上、日々前進し数値と向き合わなければならない。
ただ闇雲に前に進んでいって、それが違う方向に進んでいては周りにとっても顧客にとっても迷惑をかける恐れがある。

俯瞰して物事を見つめる為にも、気をつけていたい。

あとは行動あるのみ。

人を動かす

2013/07/20 (Sat) 22:10
それでも人生にイエスと言う

毎月参加している博多非凡塾に今月も参加してきました。

今回は「それでも人生にイエスと言う」

この本は、著者のV・E・フランクルさんが1946年に行った講演をもとにしたものです。

フランクルさんは、1905年生まれの精神科医。

第二次世界大戦中に

ナチスによって強制収容所に送られた経験をもとに書いた『夜と霧』は、

20世紀を代表する本の一冊とされています。

夜と霧は何度も繰り返して読んだ本で

生と死についてや人の生きがい、意味など深く考えさせられることがたくさんありました。

講演をもとに書かれた「それでも人生にイエスと言う」は

その経験を1年後にまとめたもので、新たに気づかされたことがいくつもありました。

このタイトルで「それでも」とあるがそれには重たいものが詰まっているように感じます。

時代の背景や環境で大きく異なるからです。

それでもフランクルさんが自分の経験を伝えると決めたのは、

環境が変わっても共通して闘わなければならないものがあったからだと思います。

それは共通しているものは何でしょうか?

強制収容所の中で生き残った人とそうでない人の違いをフランクルさんは

自分の人生に意味を見出し続けることができたかどうかという点があったと私は思います。

それは現在も国籍関係なく人には同じことが言えます。

退職した時、
人生を共にしていたパートナーの死、
自分のやりたかったいと思っていたことが成し遂げることができないと分かった時、

人は死を選ぶ確率が上がるそうです。

本の中にもありますが、
収容所でクリスマスの時期が死者数が多くなるという現象が起きていた理由として
クリスマスには家に帰ることができるというキリスト教信者の心情が
死に大きく関わっていたそうです。

自分の人生に意味を見いだせるか、また持ち続けるかどうかは
人生に大きく影響することだとわかります。

またどのような人であるはもっと大切です。

僕は今福祉の分野に自分の生きる意味を見つけ挑戦しています。

障がいのある方が働くことで生きがいを見つけ一緒に社会を活性化させていくこと。

高齢者の寂しいという気持ちを取り除くことで認知症や自殺の選択を
サービスを展開することで生きがいの一つを見つけてもらえるようにしていきたいと思います。

そのためにも、もっとひろい視点で物事を見なければなりません。

だから北欧のデンマークに行き、福祉や教育制度や現場の人たちの話を聞き

仕組み自体について考えていきます。

どんなときでも奢らず、ココロの声に耳を傾け続ける人間でありたいと思います。

人が人生に問うのではない。
人生が人に問うのである。

これまでの自分の経験が僕を突き動かしていると感じています。

soredemo.jpg

2013/05/24 (Fri) 00:57
変えるヒントvol.005

今回の変えるヒントは先日FUKUOKA RUNNERSにて取材させて頂いた

社労士の松田修さんからお話を伺いました。

松田さん、オススメの本を一冊挙げるとしたら何を選ばれますか?

『司馬遼太郎の『坂の上の雲』です。

日露戦争の前後の群像を伊予松山藩出身の正岡子規、秋山兄弟の三名を主人公に描く大河小説です。

阿部寛、本木雅弘主演でNHKドラマにもなりました。

私は弟の秋山真之が大好きで、参謀志向になりました。

リーダーね使命感や物事を突き詰めて考えるとはどういうことか等多くを学びました。』

取材を通じて、秋山真之のような先を見据えてチームを引っ張っていかれる部分が松田さんに重なりました。

是非、一度読んでみたいと思います。ありがとうございました。

sakakumo.jpg

2013/05/22 (Wed) 18:17
変えるヒント vol.004

昨夜は毎月第3火曜日の19:00~20:40に開催されている博多非凡塾倶楽部に参加してきました。

博多非凡塾読書倶楽部は、1冊の課題図書を読み込み、読み終えてきた人だけが参加できる読書会です。

主催者は寺田 昌嗣さん。近著『フォーカス・リーディング』は2ヶ月で10万部を越えるベストセラーの著者で福岡・東京で有名な方です。

課題図書はビジネス名著、古典的名著、文学作品、話題の新刊書など様々ですが、どれも読み応えのあるものばかり。
独りではなかなか手が出ないような歯ごたえのある本を、仲間の力を借りて読み抜き、それを乗り越えた人どうしで充実した時間を過ごそう、というのが基本コンセプトです。(HP抜粋しています)

今回は 世界的に有名なビジネス書「ビジョナリーカンパニー」の四作目「ビジョナリーカンパニー4」
を課題図書として読んできて考えたこと、思ったことを共有していきました。

ビジョナリー4


ピーター・ドラッカーの後継者とされるジム・コリンズ。

コロラドの山中に研究ラボを設け、これまでに長い年月をかけて「偉大な企業」「偉大な指導者」の条件を様々企業を比較し追究してきた内容になっています。

この本を通じて、
『不確実な未来をどのように乗り切り繁栄を維持するか?』

という問いに非常に考えさせられました。
今の時代はどのタイミングで何が起こるか、
これまで以上にわからなくなってくる時代に突入すると感じています。

まずはその現実を踏まえて、どう在りたいのかゴールを描き、

想定して準備する力をつけていく時間をどれだけ自分に持てるかが大事だと感じました。

また参加者の話を聞きながら「NOT TO DO」リスト、つまり優先順位とは逆の劣後リストを作成し、
自分の経験の中で
「やらないことをと決める」
ということも実践していきたいと思いました。
まずは何でも拒まず経験することは必要だと思いますが、
曲げない部分も持たなければならないと個人的に思っています。

「エロティック・キャピタル すべてが手に入る自分磨き」
この定例会を通じて初めて知った本なので、また読み進めて来月共有していけるのが楽しみです。

erotetic.jpg

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ