FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/05/08 (Wed) 23:53
「枠」からはみ出す生き方

今朝は「プチ哲学」を読みました。

「バザールでござ~る」や「だんご3兄弟」「ピタゴラスイッチ」の作者としておなじみの佐藤雅彦さんが描いた絵本みたいな本です。

見開き2ページに著者によるイラストが大きく描いてあり、その横に文章によるイラストの解説がつく、というスタイルです。

最初は漫画で文字も少ないのでそんなに期待はせずに読んだのですが、

とても大切なテーマをたくさん扱っており、
かわいいイラストを楽しみながらも様々なことを考えることができました。

特に共感したテーマ幾つかありましたが、今日はそのなかで一つご紹介します。

『「枠組み」ということ。』という話。

この漫画では右のページは乱暴なカエルが突き落としているように見えるが、
左のページではリンゴから助けるための行為だということがわかりますね。

普段きっと自分は思っている以上に、一つの事実や事象だけで判断しているような気がした。
上司から今よく言われている「木を見るのではなく森を見ろ」という言葉をふとこのイラストを見て思い出しました。

またお世話になっている経営者の方から紹介して頂いた記事にも記載されていたのでちょっと真剣に考えてみました。

枠組みを持つこともきっと大切なのだろうが、場面ごとに意識を変えられる能力を持つことが必要だと僕は思いました。

枠組みに囚われないためにはどうすれば良いのでしょうか?


うーん、難しい・・・

思いつく限り挙げてみようと思います!

新聞や雑誌、書物などあらゆる情報に触れること。
特に自分が触れたことのないものを。

ある分野を探求していくことで専門性を持つこと。
その分野から物事を考えることと、

逆に違う分野を極めている人と話をしてみる。
つまり「異質なものを組み合わせること」

枠に囚われずに新しいものをたくさん生み出している人と付き合うこと。
自分がいかに常識や周りの目を気にしてブレーキかけているか気づけるかもしれない。

自分の経験から考えると、ちょっと高い目標を設定してみること。
ハーフマラソンだけしか走ったことがなかった時は、100kmを走りきることなんて不可能だという自分の中の「枠」がありました。

ただフルマラソンを完走し、
走れるかもと考え、一度100kmを走ると決め、実際に完走すると
サハラ砂漠のマラソンも、もしかしたら走れるかもしれないとなった。
挑戦する過程で、これまで自分の中で不可能だと思っていた「枠」が外れていった気がします。

実はこのような問いすらもしかしたら、枠に囚われているかもしれませんね。

皆さんはいかがでしょうか?枠にとらわれてはいないでしょうか?

何か考えていることがあればシェアして下さい。それではまた明日!

プチ哲学

2013/05/04 (Sat) 17:35
本を読むvol.001

皆さん、こんにちは!

今日はどんたく目的ではないですが天神へいって参りました。

なんでこんなに集まるのでしょうか?すごい人が福岡に集まっていました。

さて、昨日の夜は3か月ぶりぐらいに映画館で映画を観てきました。

観た映画は「舟を編む」

先日、本も読んでの鑑賞だったのですが、

とても感動しました。胸が熱くなりました。

内容は新しい辞書をつくるというシンプルな映画ですが

たった一冊の辞書を作るのに、沢山の年月と、たくさんの人の手と想いが詰まっているのだなーっと

感慨深くなります。

本当に地道な作業ですが、そこに熱中し心を込めるということ。


日々の仕事でも忘れがちな事なので意識していきたいと思いました。


images.jpg

それでは良き一日を。

| ホーム |

前のページ «  ホーム