FC2ブログ

プロフィール

中尾利彦

Author:中尾利彦
■プロフィール

中尾利彦(なかおとしひこ)

西南学院大学人間科学部社会福祉士学科卒
「笑顔のレシピを探すRunner」
・一般社団法人障害者自立支援協会 理事
・FUKUOKA RUNNERS 代表
・博多経友会 スタッフ
・Monkey Cafe マスター
・西南ビジネスクラブ 幹部

〇1989年1月12日、父が大好きな陸上選手、瀬古利彦選手からとったのが名前の由来。
父を喜ばせたいという気持ちから、高校では陸上部へ入部。
今となっては三度の飯と同じぐらい『走る』とは自分にとってなくてはならないものになっている。

〇19歳の時に高校生の時からの夢だったホノルルマラソンに出場し、年代別2位という成績を収める。
夢は描けば叶うと感じる。

〇20歳では自分の限界に挑戦したいという一心で阿蘇の100Kmマラソンに出場し9時間24分で完走。
自分の目標次第で景色は変わるということに気づく。

〇21歳の時に障がい者の息子さんがいらっしゃる母親のスピーチを大学の授業で聴き、福祉の分野でいつか会社を作ると決意する。

〇24歳、2年間勤めた家具の会社を辞め一般社団法人障害者自立支援協会の副理事としての道を選択する。

◆趣味
〇取材
大学生時代に企業取材サークルFUNに入り、人の人生想いに迫る取材の面白さに引き込まれる。出会いにより人生が大きく変わることがあると感じる。

2012年11月、取材を通じて
学生に活躍する福岡の社会人と出会う機会を作りたい想いでFUKUOKA RUNNERSを立ち上げる。
過去65名へ取材を実施。
現在も更新中。

◆特技
終電を逃しても福岡市内であれば走って帰る。

◆プチ自慢
「風が強く吹いている」という駅伝の映画に房総大学の一区のランナー役として出演。

◆好きな映画
『PAY IT FORFARD』
『最強の2人』

◆興味のあるワード
笑顔、健康、食、本、取材、マラソン、教育、旅、カフェ、コピーライター、仕事、福祉

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

2013/09/16 (Mon) 22:11
失敗しても情熱を持ち続けること

昨日は起業家の甲子園というもののキックオフイベントに参加させていただいた。

4人のプレゼンテーション聞いて思ったのは、最初からうまくいっていた訳でもないし、

まだ完成形態でもない。ましてや真似できないというものでもない。

魅せ方とかもそんなに上手なわけではない。

だけど続けている。

途中で投げ出さないところが共通としてあった。

リーダーシップの形がこれから変わってくると冒頭に話があった。

これまでは組織の上に立っている存在というイメージがあった。

しかし、これからは一歩前に飛び出して馬鹿になれるかということだ。

僕は昔から人目を気にするタイプだ。

だけど、前と違うのはその自分の性格を分かったうえで挑戦すること。

真面目で面白くなくて、誰にも価値を生むことはできないと思って、

何かしら言い訳をして行動を起こさなかった時とは違う。

面白いことはできない!と決めつけるのではなく面白い要素を加えるためにはどうすればよいかと考えるようにした。

若しくは真面目なら真面目なりに真面目な事やって、共感が集まればそれはそれでOKだと思うようになった。

結局のところやってみなきゃわからないし、

つづけてみなきゃわからないってこと。

真新しいことなんてそんなにないんだ。

その単純作業の中から本当にちっちゃな変化に気づき少しずつ変えていく作業を繰り返していく。

この積み重ねなんだと思う。

ノウハウに逃げない。

自分の歩みをとめないで、前に進もう。
スポンサーサイト



2013/07/24 (Wed) 16:51
Monkey Cafe vol.016

皆さん、こんにちは!!!
昨日も朝7:00から8:20まで天神のOnRampで『Monkey Cafe』という朝勉強会を開催しましたよ。
本日は9人でスタートしていきました。
そして今日は特別ゲストの上原さんの講義がありました。

休み空けで気持ちがなかなか上がらない月曜日の朝に
『ウキウキが止まらない!一週間の始まりを』
というスローガンで、みんなでこんな一週間にしていこうという内容になっています。

MON771.jpg


まずは自己紹介をしていき、その後先週の振り返りを各班でシェアしていきました。

そして今回は特別講義『自分分析』というテーマで話して頂きました。
講師は最年少講師の上原和大さんです。
<講師紹介>
上原和大さん
経歴は大濠高校 卒
現 福岡大学 商学部4年生
AMATIME crew
イベント通算170人以 上動員
セミナー・イベント参加回数約100以上
自分分析 約30人
起業に目覚めて会った人約400人以上 (FBの友達)。
2029年12月31日までに世界5周することでみんなが認める地球人になることを目指すドリーマー

【自分分析】
モチベーションがいつ上がるのか?
自分がどんな時に嬉しいと感じるのか?

皆さんは考えたことはありますか?

それを知ることで、
自分が一日一日を充実して過ごすことのできる第一歩になります。

今回の講義では自分との対話の時間になりました。

MOn775.jpg


【上原さんの自分分析を始めたきっかけ】
そもそもなぜ上原さんは自分分析を始めたのでしょうか?
それは自分が悩んでいた時に、
株式会社Oneの天野貴文さんと話したことがきっかけということでした。

質問に対して、素直に自分の過去の出来事や現在の気持ちを書いていくと、
溢れるように言葉が出てきて、
気づけば4時間ぐらい夢中にホワイトボードに綴っていたそうです。

顔すっきりしていますね~。

悩みもふっとんで自分のやりたいことが定まってきたそうです。

その時に周りの人へも好きなことを見つけて、自分の好きな事に向かって挑戦して欲しいという気持ちが芽生え、自分分析活動を始めたそうです。

一度の自分分析には約3時間から4時間、相手の話に耳を傾けるそうです。

心掛けているのは、自分の意見を押し付けてしまわない事。
そのためにも聞き手に徹するそうです。

『みんなの好きが仕事になる』
そんな世の中を目指して、今、奮闘中です。

上原君


《さてMonkey Cafe講義の内容です》

講義に入る前に簡単なアイスブレイクの後に

上原くん特性のシートを使用して、

自分の行動の動機を探っていきました。
自分の動機を知ることで継続に繋がるそうです。

自分がヤル気の上がる瞬間を5つ書き出し、
このエピソードを基にいくつかの軸(感謝軸や自己管理軸や徹底軸など)と照らし合わせ
それぞれ点数をつけていきました。

そしてその内容を隣の人にシェアして客観的に見つめていきました。
僕もシートに記入してワークに取り組みました。
つい、こうあって欲しいなーっという願望が先行して点数を高めに設定しまいそうになりました。
自分に正直になって向き合うって難しいことですね。
分析した自分の内容を人に伝えることによって、
更に深く自分の動機に迫ることができました。

上原さん、素敵な時間をありがとうございました。

来週7月29日は、川添祐樹さんの講義。
これからの時代に必要不可欠な【セルフメディアと情報発信力強化】です。
詳細はまたイベントページを作成しシェアさせていただきます。
第17回もお楽しみに!^^

それでは今週も素敵な1週間にしていきましょう!!

MON776.jpg

2013/07/19 (Fri) 17:02
マイナスからプラスへ

先日とある公民館で実施させた自治会のワークショップに

ファシリテーターの助手として参加させて頂きました。

参加者は29名。地区の代表の方がそれぞれ参加されていました。

ワークショップが始まって最初にファシリテーターが聞いた質問が

「このワークショップにどのような気持ちで参加しましたか?」

というものでした。

各テーブルに1~3までの番号が書かれたカードを人数分配布していたので

その番号をあげて答えます。

1、参加したいと思ってこの場に参加した方・・・1名

2、役員になっているのでいつも通り参加した方・・・10名

3、参加したくないけど義務なので参加した方・・・18名

つまり

マイナスな気持ちで参加したことが大半だったわけです。

しかし2時間のワークショップが終わった後では

次回のワークショップに是非参加したいというカードを全員あげました。

その答えはこれまでは会議のような形式、
つまり一方的に決まったことを伝える時間だったところから

参加型の時間だったことが原因だったみたいです。

会議型だといきなり議論に突入します。

参加型は会話→対話→議論という手順を踏みます。

これまでとは違うアプローチだったのは問題へのアプローチの仕方です。

問題があったら解決策を考えよう!となっていたところを

問題があったら何が原因になっているかを探り、

そこから解決策を考える手順を踏むことが大切のようです。


マイナスからプラスになるためには、

全員が参加し、対話し、未来を描き、共有していくこと。

まだまだたくさんの学びがありましたが、今日はここまで。

来月も助手としてファシリテーターや参加者から、
いろんなことを吸収していきます。

ファシリ

2013/07/09 (Tue) 18:19
Monkey Cafe vol.014

皆さん、こんにちは!!!
昨日も朝7:00から8:20まで天神のOnRampで『Monkey Cafe』という朝勉強会を開催しましたよ。
本日は6人でスタートしていきました。そして今日は特別ゲストの長浜さんの講義がありました。

休み空けで気持ちがなかなか上がらない月曜日の朝に
『ウキウキが止まらない!一週間の始まりを』
というスローガンで、みんなでこんな一週間にしていこうという内容になっています。

今年の目標と、数値で表すと今年の目標はどの程度進んでいるのか?
また先週の振り返りを「ライフライン」という手法(用紙に先週を自分の感情や達成度をグラフにする)を使って、班でシェアしていきました。目に見える形にして発表していきました。


そして今回は特別講義『山笠から学ぶチームビルディング』というテーマで話して頂きました。
<講師紹介>
長浜靖典
元リクルートでITベンチャーの上場も経験しているカウンセラー。
経営者との人脈も強く、企業から必要とされる人材を育成するスキルに長けている。
山笠・ラグビー等で培った自己犠牲の精神で、学生と企業をつなぐ。
【出身地】福岡
【血液型】AB型 
【得意な業界】IT、ベンチャー、情報、通信販売
【得意な職種】SE、プログラマー・営業・サービス・人事
【好きなもの】山笠・ラグビー・子育て
【好きな言葉】運命は自らまねき、境遇は自ら造る。

梅雨が明けていよいよ福岡は山笠一色に。
町を歩いていても飾り山笠がずらりと並んでいますね。

MONKEY762.jpg


今回は幼少時代からずっと山笠に参加し続けている長浜さんから学ぶチームビルディングについてです。

皆さんは山笠についてどれだけのことを知っていますか?
私は福岡出身なのですが、ほとんど知らない事ばかりでびっくりしました。

山笠は元々、聖一国師が仁治二(1241年)年に、疫病除去のために棚にのっていた祈祷水を撒いたのが始まりという説があるそうです。これが災厄除去の祇園信仰と結びついて山笠神事と発展したのではと考えられているそうです。

山笠の期間は7/9~7/15の約一週間。
長浜さんは毎年、山笠のために12カ月の仕事を11か月で終わらせるべく業務に励み7月の山笠を迎えるそうです。
これは長浜さんだけに限らず、山笠に参加するためにはどうすれば良いのかと各個人知恵を絞って仕事に励み、
山笠に合わせこの時期に博多に集結します。

山笠は人生の縮図
地域の子どもかたお年寄りまで年の離れた人がチームとなって、
一つの事に取り組むからこそ目配り、気配り、心配り、酒の飲み方など親子など関係なく教えていきます。
大きな怪我につながる山笠だからこそ優しさだけでなく厳しく秩序を守る文化もあります。
地域でのつながりが薄れていると言われている中、山笠開催地域では損得関係なくつながる組織です。
年寄が知恵を絞り、若手がその姿から沢山のことを学ぶそうです。
一週間という期間ですがドラマがいっぱい詰まるそうです。

歳を重ねるごとに最初は雑用が多かったところから、役割が変わるところなど、
経験を積む中で視野が広がり相手の立場になって何が必要か学ぶこともできるそうです。
チームとはこのように一つの目標に向かって取り組む過程から応援者が生まれ進んでいくものかもしれませんね。

山笠にいつかでてその一体感を体感してみたい!

長浜さん、ありがとうございました!!

来週7月15日は、金谷明克さんの講義。
何かを成し遂げるために必要な【継続力編】です。
詳細はまたイベントページを作成しシェアさせていただきます。
第15回もお楽しみに!^^

それでは今週も素敵な1週間にしていきましょう!!

MONKY760.jpg

2013/07/07 (Sun) 16:02
コミュニティ政策について考えた

7月6日・7日の二日間

初めての九州それも母校の西南学院大学で開催されたコミュニティ政策学会に参加してきた。

全国各地から参加されいたということもあり、

質疑応答の時は東北や関西など様々な方言が入り混じっていた。

さすが全国規模の学会という感じ。

学会では各都市からの現状報告と論点の整理。

イタリアや韓国のコミュニティから比較した講話、

そして興味があったのが二日目のコーディネーターについてやNPOと地域と行政の役割についてなど

本当に学びの多い時間になったし、

懇親会ではたくさんの教授やNPO理事や行政の方と名刺交換をするにとどまらず、

取材やイベントなど次に繋がるお話をすることができ、収穫の多いものとなった。

どうやら本格的に地域問題の解決に足を踏み入れていきそうな予感がした。

というよりも今回の二日間でかなり興味がわいた。

一つの視点からではなく様々な目を持ってコーディネートできる人材になりたいと思った。

西南

| ホーム |

 ホーム  » 次のページ